歩道上の駐輪場対策

自治体における駐輪場事例

八王子市、地元商店街、ビシクレットの三者協働で実現した短時間利用の買い物客のための有料駐輪場。
見る見るうちに放置自転車がなくなり、自転車ラックには自転車がきれいに並びました。

お客さまの声

After

お客さまの抱えていた課題・ご要望

□公営の一時利用の既存駐輪場が常に満車状態
□短時間利用の買い物客の自転車が歩道に駐輪
□その自転車が歩行を妨げ、かつ景観にも悪影響があった
□商店街の買い物客用の駐輪場用地の取得が困難

実施したソリューション

□八王子市による歩道用地の提供、ビシクレットによる駐輪場設置・運営・管理
□買い物客の重量のある自転車に配慮した設計、機器選定
□景観に配慮した色彩と使い勝手のよいローラックを採用
□駐輪しやすい料金設定

乾いた砂に染み込む水のように放置自転車が消えていった

八王子駅北口周辺の放置自転車対策として、通勤・通学者用駐輪場の整備は終わっていましたが、短時間利用者の駐輪場整備が遅れていたために歩道上に駐輪され、商店街からも買い物客用の駐輪場を整備して欲しいという声があがっていました。
当初は商店街が専用の駐輪場を整備しようと模索していましたが、用地がなく断念。また、歩道上に設置する案もありましたが、設置候補地の前にある一部店舗からの反対を受け頓挫していた状態でした。八王子市としては、なんとか買い物客用の短時間利用駐輪場をできる限り利用しやすいところに設置したいと考えていましたので、反対の方々の声に配慮し、八王子市が歩道上用地の提供、ビシクレットが駐輪場を設置・運営するという案を検討することにしました。プランは、八王子市・商店街の皆さまの要望にできるだけ応えられる提案にしたいと考え、まずは買い物客が使いやすいようにすべてローラックを採用。街の景観に合うよう自転車ラックのヘッドを緑にしたり、利用者の利便性を考えエリアごとに精算機を設置しました。また、2時間(一部除く)の無料時間を設定することで、買い物客への配慮も忘れません。
放置されていた自転車をラックに停めることで街の景観はガラッと変わり、市のご担当者様より感謝のお声をいただきました。八王子市やコールセンターにクレームはほとんどなく、現在どのエリアも非常に高い利用率となっています。この駐輪場が市民の方々にはなくてはならない存在になりつつあるのではないかと思います。

仕様・施工データ

引き渡し 2011年4月?
使用製品 電磁式個別ロック 149台、精算機 5台
工事詳細 電磁ラック設置工事、電気工事、看板設置工事、バリカー工事

その他の事例【自治体】

お電話でのお問い合わせ:0120-3196-86。メールでのお問い合わせはこちら(お問い合わせフォームへ)