失敗しないマンション駐輪場リニューアルのために

まずは問題整理から

管理組合に寄せられる駐輪場問題は、

  1. 駐輪台数不足
  2. 電動アシスト付自転車の増加
  3. 駐輪場の老朽化(自転車ラック、屋根、ラインなど)
  4. 駐輪場の使い勝手の悪さ(自転車ラックの問題も)
  5. 駐輪場の美観が損なわれている
  6. 避難通路や各階の共有部の廊下に放置(消防上の問題)
  7. エントランスや、マンション周辺への放置
  8. 自転車の盗難やいたずら
  9. 駐輪場の薄暗さ(防犯上)
  10. 壊れている自転車や乗らなくなった自転車の増大
  11. 駐輪場が駐車場動線上に配置されている(常に事故の危険)
  12. 駐輪台数・保有台数の把握がなく、利用区画も不明で野放し状態
  13. 確認申請なしで過去に増設工事をおこなっている
  14. 風により頻繁に自転車が倒れる

などが代表的な問題です。

これらの問題が複合的に複雑に絡んで駐輪場問題として現れます。
マンション管理組合としては、現在抱えている問題を上記のような項目に整理し、駐輪場リニューアルで解決出来る問題と運用ルールを決めて解決する問題を区別し、優先順位をつけます。最近では、電動アシスト自転車の普及やチャイルドシート付自転車も増え、単に台数だけの問題ではなく、自転車の重量やサイズ等を考慮にいれた問題解決が必要になる場合もあります。

失敗しないためのチェックポイント

大規模なマンションになるほど、対象となる居住者が増え、なかなか問題解決の糸口が見つけにくくなります。そこで、居住者に対してアンケートを実施し、本当に必要な駐輪台数を割り出し、居住者の不満点を明確にします。そして、最後にマンション管理組合としての優先順位を決定し、居住者と合意形成をすることが失敗しないためのチェックポイントです。

アンケートのひな形・問題点の整理などについては、お問合せからお気軽にご相談ください

1.アンケートの実施

アンケートの目的

1)保有自転車の種類と置き場所の把握
特に区別すべき自転車は
 ・電動アシスト付自転車
 ・スポーツタイプの自転車
 ・チャイルドシート付自転車
これらの数がどれだけの割合を占めるかによって、駐輪場の設計が変わります。また自転車を保有している人の中に占める高齢者の割合もひとつのポイントになります。高齢者の多いマンションで、駐輪場の台数確保のために2段式ラックを設置しても、結局上段が使われなかったという失敗例があるからです。

2)今後の自転車購入見込みとその目的
子どもたちの成長と共に自転車の台数も変化していきます。子育て世代が多いマンションでは、将来を見越した設計が必要です。現状の自転車台数の把握だけではなく、将来の保有台数を予測した駐輪場リニューアルの設計を行う必要があります。

3)現状の駐輪場の問題点について把握
同じ駐輪場の自転車ラックについてでさえも、ある人はとても便利、ある人はとても使いにくいと、大きく意見が分かれている場合があります。居住者の方々が、現状どんな不満を持っているかの分析が必要です。

2.絶対必要駐輪台数の確定

マンションに必要な自転車の駐輪台数を正確に把握しなければなりません。
現在の駐輪場に自転車ラックがない状態で、駐輪自転車も管理できていない場合は、実際に駐輪されている自転車が誰のものか、不要の自転車が駐輪されていないか、そして乗り捨てられた自転車が何台あるかなどを調査します。実作業も含め大変手間のかかる作業ですが、アンケート収集と同様、マンション管理組合としてはきちんと把握する必要があります。
既に自転車ラックを利用し、駐輪自転車を管理できている場合は、前述のアンケート結果をもとに絶対必要駐輪台数を計算します。

絶対必要駐輪台数=(駐輪希望台数)+将来の購入予定(子育て家族が多い場合)-(不要自転車台数)-(不正駐輪台数)

3.マンション管理組合としての優先順位の確定(最初の合意形成)

マンション管理組合として一番重要なのは、何を優先順位として改善をしていくかという合意形成です。
アンケート結果をもとに、何が原因でどんな問題が起きているのか、そして居住者は何に不満を持っているのか、等を公平に見ていくと漠然と何をすべきかが分かってきます。
但し、この段階で、ひとつひとつの事象について“こうすべきだ”とか、“こんな風にしたらよい”等というような議事進行をしたとしても、なかなか結論に至りません。また、そこで結論が出て、こうしたいということが決まったとしても、それが実現できるかどうかは定かではありません。

駐輪場には駐輪場専門の知識と経験が必要です。要望の優先順位の確定は必ずすべきことですが、そこから先は駐輪場専門のビシクレットにご相談ください。詳細な現地調査の上、最適なプランをご提案いたします。

自転車ラックの基礎知識

マンション駐輪場に使われる自転車ラックを大きく分類すると、平面式、2段式、垂直2段式の3種類に分かれます。

マンションの敷地に余裕があり、わざわざ2段式に自転車を駐輪しなくてもよい場合、つまり自転車を平置きできる場合の選択肢としては、平面式の自転車ラックを選ぶ場合がほとんどです。費用も2段式と比べるとかなり割安です。
ただ自転車にはハンドルがあり、ラックなしで駐輪する場合は前輪部分が斜め横を向くかたちになるので、思いのほかスペースを取ったり、きちんと並ばなかったりで、自転車同士が出し入れの際に邪魔になったりしますので、広い駐輪場でも平置きラックが必要とされる場合が多いです。
あまりスペースに余裕がない場合は、ラックの位置に高低差をつけて、ハンドルがぶつからないようにする傾斜ラック、または前後にラックを少しずらし、さらに横にスライドすることでハンドルの干渉を減らすスライドラックを選ぶなど、製品の選択が異なります。
ラックを高低にずらす方法では、高い位置のラックに自転車を収める場合、少し自転車を持ち上げる必要があります。スライド式では、段差があまりないものがほとんどですが、自転車の出し入れの際に隣接する自転車をスライドさせます。昨今は、電動アシスト式自転車やチャイルドシート付3人乗り自転車の増加により、それらの重い自転車重量に対応できるスライドラックも出てきています。

平面式では必要駐輪台数を満たせない場合、2段式垂直2段式の採用が考えられます。この場合の下段は固定であったり、スライド式であったりと、下段については平面式のときの選択肢とあまり変わりませんが、上段の構造が単なる2段式と垂直2段式では仕様が大きく異なります。
垂直2段式は、上段のラックが垂直に地面と平行状態のまま降りてくるので、ラックはフラットで、自転車を載せやすく、さらにオートリターンが付いたものは自転車を出庫したあと自動で上段に戻ります。
単なる2段式は、引き出した上段ラックが斜めに出てくるので、その斜めになったラックに自転車をもち上げながら載せる必要があります。
単なる2段式を採用する場合には、上段に子どもやお年寄りが自転車を収容するのは、とても重く、苦労するので、優先的に下段の自転車ラックを割り当てる運用が良いでしょう。

マンション管理組合が自転車ラックを選ぶ際に、利用者の利便性を考慮することはもちろん大切ですが、心得ておくべき重要なポイントがもうひとつあります。
それは、使い勝手の良さの感じ方は、人によって違うということです。居住者が全員一致で同じ自転車ラックを便利だとは感じないのです。どこかで、誰かが妥協をしなければなりません。そのことを理事の方が理解していないと、製品選びで大いに迷い、遅々として駐輪場リニューアルは前に進みません。

また利便性とあわせて重要なポイントは耐久性とメンテナンス性です。素材(スチール、ZAM材、アルミなど)や構造により異なりますので、利便性、耐久性、メンテナンス性を考慮しつつ、予算と相談しながら製品を選択してください。

間違いない駐輪場計画

間違いない駐輪場計画は、ビシクレットと共に
ビシクレットでは管理組合様より『この場所に何台の自転車ラックを置けるかを検討しました』と言って相談を受けることが多々あります。
そのような場合でも、必ず現地調査をして、要望をお聞きして、再度プランを考えるようにしています。
なぜなら駐輪場設計で注意すべきポイントは、通常の家屋設計とはだいぶ視点が異なる為、例え設計士の方が引いた図面でも再度見直します。駐輪台数の確保より居住者サイドに立った提案内容が重要だと考えるからです。
失敗しないマンション駐輪場計画は、まずは【居住者の方々の不満点】を明確にする、【絶対必要駐輪台数】を明確にする、【要望の優先順位】を明確にするという手順をしっかり行うことです。この事前手順をビシクレットが寄り添うかたちでアドバイスしていきます。そして、最後に自社製品にとらわれない最適なプランをご提案いたします。間違いの無い駐輪場をご一緒に作り上げます。

さらにマンション駐輪場のリニューアルについて知りたい方へ

「駐輪場リニューアル!ちょっとその前に」小冊子を無料配布中

マンション駐輪場のリニューアルについてさらに知りたい方は、小冊子「駐輪場リニューアル!ちょっとその前に」をぜひご覧ください。アンケートフォームの例や事例を交えた説明など、詳細にマンション駐輪場リニューアルのポイントを解説しております。右のバナーからご請求いただけます。

  • マンション駐輪場設置事例
  • 自転車とマンションライフを快適に
  • マンション居住者様のため
お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちらから。0120-3196-86(サイクルハロー)

ご相談の際は「事前ヒアリングシート」にご記入の上、FAXでお送りいただきますと、ご相談がスムーズに運びます。