自転車のルール&マナー知っていますか?

自転車は車両の一種(軽車両)です。正しいルールを知り、「安全」に自転車を利用しましょう!

平成27年6月1日、道路交通法の改正により
自転車運転中、一定期間内(3年以内)に危険なルール違反(危険行為)を2回以上繰り返すと、
自転車運転者講習を受けることになりました。

  • 講習時間:3時間
  • 講習手数料:5,700円
  • ※受講命令に従わなかった場合:5万円以下の罰金

自転車走行時の主な危険ルール違反(危険行為)

① 信号無視

自転車で車道を通行している場合は車両用の交通信号を、歩道通行している場合は歩行者用信号に従わなければなりません。

信号の正しい意味を知っていますか?

<交通信号>
黄色は、黄色になった瞬間から交差点の停止線から先のエリアに進入してはいけません。
赤色は、停止位置を超えて交差点を進行してはいけません。
<歩行者用信号>
青の点滅が始まってからは、道路の横断を始めてはいけません。
赤色は、道路を横断してはいけません。

② 酒酔い運転

  • 軽車両である自転車を酒気帯び運転してはいけません。
  • 違反した場合は100万円以下の罰金または5年以下の懲役に処せられます。

③ 遮断踏切立入

  • 踏切の遮断機が下りようとしているとき、または下りているとき、
    あるいは警報機が鳴っているときは、踏切に入ってはいけません。

④ 制御装置(ブレーキ)不良自転車運転

  • ブレーキ装置の備えていない自転車に乗車してはいけません。
  • ブレーキ装置は前輪後輪共に必要です。
    片方のみにしかブレーキが付いていない場合も乗車できません。

⑤ 指定場所一時不停止

一時停止の標識または道路標示のある場所では、停止線の手前で一時停止をしなければなりません。

⑥ 通行区分違反

歩道と車道の区別がある場合、自転車は車道の左側端を通行しなければなりません。
ただし以下の場合は歩道を通行することができます。

  • 70歳以上の高齢者
  • 13歳未満の児童
  • 身体の不自由な方
  • 道路標識で指定された場合

←歩行者および自転車専用道路の標識
※歩道を走行する場合は、歩道の車道寄りを徐行しなければなりません。

安全地帯や道路標示による”立ち入り禁止部分”などに入ってはいけません。


  • 安全地帯

  • 立入禁止部分

  • 停止禁止部分

⑦ 通行禁止違反

道路標識等によりその通行を禁止されている道路を通行してはいけません。


  • 車両通行止め

  • 車両進入禁止

  • 自転車通行止め

  • 歩行者専用

  • 一方通行

但し、標識の下に、「自動車・原付」「自転車を除く」等の補助標識がある場合は規制の対象から除外されます。

⑧ 歩道者用道路での徐行義務違反・歩行者妨害

自転車の通行が許されている歩行者用道路を通行する場合

  • 歩行者がいる場合は、歩行者に注意して徐行しなければなりません。
  • 歩行者がいない場合は、状況に応じた速度で通行できます。

ベルや声、音などで歩行者を立ち止まらせたり、どかしたりしたすることは歩行者妨害になります。
歩行者の通行を妨げそうな場合は一時停止しなければなりません。

※徐行の定義:車両(自転車)が直ちに停止できるような速度で進行すること。

⑨ 路側帯での歩行者妨害

車道の端に白線を引いて車道と区分されている部分を路側帯といいます。

白線1本、あるいは実線白線1本と破線白線1本の合計2本の場合は、自転車で通行できますが、歩行者がいる場合は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で通行しなければなりません。

白線2本の場合は歩行者用路側帯のため自転車は通行できません。

⑩ 交差点での安全進行義務違反・優先車妨害等

交差点に入ろうとするとき、および交差点内を通行するときは、交差点の状況に応じ、

  • 交差道路を通行する車両等
  • 反対方向から来る右折車両等
  • 交差点またはその直近で道路を横断する歩行者

に、特に注意し、かつできる限り安全な速度と方法で通行しなければなりません。

交差点を右折する際は、できるだけ交差点の側端に沿って徐行で通行し、
直進および左折しようとする車両の進行を妨害してはなりません。

信号の無い交差点では、左方から進行してくる車両が優先されます。(例外あり)
また、優先道路を進行する車両、道路の幅員が明らかに広い道路を進行する車両が優先されます。

⑪ 環状交差点安全進行義務違反等

環状交差点では、環状交差点内を進行する車両の進行を妨害してはいけません。
また、環状交差点に入ろうとする場合は

  • 環状交差点に入ろうとする車両等
  • 環状交差点内を通行する車両等
  • 環状交差点またはその直近で道路を横断する歩行者

に特に注意し、できる限り安全な速度と方法で通行しなければなりません。

⑫ 安全運転義務違反

安全運転の義務:車両等の運転者は、当該車両のハンドル、ブレーキその他の装置に確実に操作し、かつ
道路、交通および当該車両の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければなりません。

こんな運転もやめましょう!

携帯電話
携帯電話で話をしたり、メールをしたりしながらの運転は大変危険です。

傘さし
傘をさしながらの運転は、バランスを失い、蛇行運転の元となるので大変危険です。

音楽
ヘッドホンで音楽を聴きながらの運転は、外部の音が遮断され危険予測ができなくなるので大変危険です。

サンダル・下駄
脱げやすいサンダルや下駄での運転は、途中で脱げたりタイヤに挟まったりして大変危険です

両手離し運転
両手を離しての運転は、走行が不安定になると同時に、咄嗟の時に対応ができないので大変危険です。

リード付き犬の散歩
リードでつないだままで犬を散歩させるのは、リードが絡まり大変危険です。 

自転車も交通事故を起こした場合、大きな責任を負うことになります。
自転車保険に加入しましょう。

自転車での加害事故例

  • Case 01自転車通学中の高校生が誤って歩行者に衝突し、脊髄損傷の重傷を負わせた。
    -----【賠償金】 6,008万円
  • Case 02女子高校生が夜間、携帯電話を操作しながら無灯火で走行中、看護師の女性と衝突。
    女性には重大な障害が残った。 -----【賠償金】 5,000万円
  • Case 03小5男児が坂道で女性に衝突し、5年間寝たきりで未だ意識戻らず。 -----【賠償金】 9,520万円

交通ルールを守り安全で快適な自転車ライフを!

お電話でのお問い合わせ:0120-3196-86。メールでのお問い合わせはこちら(お問い合わせフォームへ)