積雪(雪害)による駐輪場屋根の倒壊とリニューアル

マンションにおける駐輪場事例

Before

2014年2月に発生した「平成26年豪雪」。
マンションでは、積雪による駐輪場屋根の倒壊が相次ぎました。

After

お客さまの抱えていた課題・ご要望

□積雪により駐輪場の屋根が倒壊(積雪に耐えられる駐輪場屋根にしたい)。

積雪対応型の駐輪場屋根へリニューアル

2014年2月に発生した雪害は「平成26年豪雪」と呼ばれ、関東地方では各地で過去最深積雪を記録。都心でも20cm以上の積雪となり、各交通機関の混乱を招いただけでなく、様々な事故を引き起こしました。
そして、それはマンションの駐輪場も例外ではありませんでした。
過去最大の積雪に駐輪場の屋根が耐えられず倒壊する事故が相次ぎ、弊社にもたくさんの修繕に関するお問い合わせをいただきました。

屋根を支える梁と柱の接続部分が雪の重みに耐えられずに破損、倒壊してしまうケースがほとんどでしたが、中には屋根の柱ごと折れ曲がってしまうケースや、駐輪場の屋根だけでなく自転車ラックまで潰されてしまうケースもありました。

雪が溶け始めた頃から、倒壊した屋根の解体工事を開始。ご依頼者様によっては、補強材の取付や、強化型の屋根に変更したりと、今後の雪害対策を考慮した対応をされる管理組合の方もおりました。

弊社では積雪対応型の駐輪場屋根を取り扱っております。

積雪荷重:900N/㎡(積雪45cmまで)
積雪荷重:1,200N/㎡(積雪60cmまで)

今回の雪害では、積雪後の雨により積雪の比重が増加し、屋根の耐荷重値を大幅に超えてしまった事も被害を大きくしてしまった要因と考えられます。積雪後の降雨は、倒壊の危険性が高まりますので注意が必要です。

仕様・施工データ

引き渡し 2014年4月
使用製品 駐輪場屋根:
積雪対応型屋根 900N/㎡・1200N/㎡
工事詳細 既存駐輪場屋根撤去工事 駐輪場屋根設置工事

その他の事例【マンション】

お電話でのお問い合わせ:0120-3196-86。メールでのお問い合わせはこちら(お問い合わせフォームへ)