BC-W-AIR (下段前入れタイプ)

垂直上下動タイプで女性や高齢者の方でも軽々操作可能。上段ラックは、上下に動かして自転車を収容する垂直2段式で、収容後は自動で定位置に戻るオートリターンタイプ。下段は、左右に可動するスライド式の自転車ラックを採用。

特徴

・昇降操作が容易な垂直上下動タイプの自転車ラック。
・上下段ともにアルミ製の自転車ラック。
・上段は、機能性と静音性を追求したばね式。
(昇降耐久実験10,000回クリア。)
・上段を引き出す必要がなく、狭少スペースにも対応。
・自転車を取り出した後、上段は自動的に上まで上がるオートリターン機構。
・下段スライドラックは自転車重量40kg(3人乗り電動自転車)対応タイプ。

このような駐輪場に

・年配の方や女性にも使いやすい自転車ラックを採用したい。

対応自転車

上段 20~27インチ / 重量 15~20kg迄 / タイヤ幅 55mm迄
下段 18~28インチ / 重量   40kg迄 / タイヤ幅 55mm迄

設置条件(駐輪場 寸法)

通路幅 : 下段自転車後端から1380mm以上
設置間隔(上段) : 500mm以上
天井高 : 2500mm以上
斜め設置 : 10°(標準)、20°、30°、40°

・設置場所は、フラットな土間コンクリート基礎が原則です。
・屋根設置の場合は、原則駐輪場屋根を設置してください。

台数計算

上段 (間口-400)÷500=台数
下段 (間口-600-450)÷300=台数

・小数点以下切り捨て。
・上段設置間隔500mm、標準角度での計算式となります。
・下段スライドラックが20台以上の場合は再計算が必要となります。
・大型自転車収容時の計算はお問合せ、ご相談ください。

注意

・下段の台数計算は、上段の自転車が完全に降ろせるスペースの取れる計算が必要です。ご不明な場合はお問合せ下さい。
・3人乗り電動自転車などの大型自転車が連続して収容される場合、出し入れがしづらい場合がございます。
・メンテナンス:推奨頻度...年1回
(不特定多数の方が利用する場合...年2回)
※自転車ラックのメンテナンスに関しては、下記リンクをご覧ください。
自転車ラックのメンテナンス

オプション

下段 前後入れタイプ
自転車を前入れ、後ろ入れと交互に入れるタイプに変更可能。ハンドル同士の干渉を緩和し、奥行寸法を抑えます。
エンドキャップの色が黒が前入れ、アイボリーが後ろ入れ(ハンドルが手前側収容)になります。

■下段 フットブレーキ
フットペダルを足で押さえてラックの動きを止め、ラック本体を固定することで自転車の出し入れを容易にします。

この製品の設置事例

常に空きが目立つバイク置き場をマンション駐輪場へ有効活用
垂直2段式自転車ラックでマンション駐輪場の台数不足を改善

仕様

上段
名称 仕様
ラック本体 アルミ t3.0 80×68×1730
転倒防止 アルミ 8×20
支柱 アルミ 126×111×1700
ベース アルミ t4.0 200×200
ローラー Φ35×8ヶ
引き上げ線 スチール Φ3
バネ 8.5kg×2ヶ 8kg×1ヶ
アンカーボルト M10×60 シルバービック

下段
名称 仕様
ラック本体 アルミ t3.0 50×64×1400
転倒防止 アルミ 10×14
ベースレール アルミ t2.5
スライドベース アルミ
レール取付金物 ユニクロメッキ t2.3 150×60
ローラー Φ26×8ヶ
キャスター Φ50
アンカーボルト M8×50 シルバービック
ラックカラー 本体ステンカラー(キャップブラック)

図面など

※画像をクリックすると、製品図面のダウンロードページへ移動します。

その他製品

電子カタログ・製品図面データのダウンロードはこちら

お電話でのお問い合わせ:0120-3196-86。メールでのお問い合わせはこちら(お問い合わせフォームへ)