クランクSG

上段:2段式ラック+下段:スライドラックで収容効率を最大化。下段は、3人乗り電動自転車にも対応。台数不足にお悩みの方にお勧めの自転車ラックです。

  • 2段式下段スライドラック:クランクSG(上段:梁式タイプ/下段:BC-OSF)の写真。
  • 2段式下段スライドラック:クランクSG(上段:独立柱タイプ/下段:BC-OSF)の写真。
  • 2段式下段スライドラック:クランクSG(上段:梁式タイプ/下段:AR-SF)の写真。

特徴

  • 狭いスペースでもより多くの収容を可能にした自転車ラック。
  • 上段は、ガススプリングの力で昇降操作を補助。
  • 下段スライドラックは自転車重量40kg(3人乗り電動自転車)対応タイプ。
  • 上段ラックの柱は、梁式タイプ(写真1枚目)と独立柱タイプ(写真2枚目)有り。

このような
駐輪場に

  • 限られたスペースにできるだけ多くの自転車を収容したい。

図面(CADデータ)、カタログデータのダウンロード

  • 2段式下段スライドラック:クランクSG(上段:梁式タイプ/下段:BC-OSF)の駐輪場設計図面。

製品の選定にお悩みの方は、私たちにご相談ください。
お客様の課題(設置台数や設置環境)に合わせた最適な製品をご提案いたします。

お問い合わせ / 資料請求

台数計算

上段 (間口-700)÷450 + 1=台数
下段 (間口-700)÷280=台数

  • 小数点以下切り捨て。
  • 上段設置間隔450mm、標準角度での計算式となります。
  • 大型自転車収容時の計算はお問合せ、ご相談ください。

設置条件(駐輪場 寸法)

通路幅 : 下段自転車後端から1500mm以上
設置間隔(上段) : 450mm以上
天井高 : 2600mm以上
斜め設置(独立柱タイプ) : 0°(標準)、10°、20°、 30°、 40°

  • 設置場所は、フラットな土間コンクリート基礎が原則です。

対応自転車

上段 20~27インチ / 重量 25kg迄 / タイヤ幅 55mm迄
下段 14~28インチ / 重量 40kg迄 / タイヤ幅 55mm迄

注意

  • 操作の際は、上段ラックに接触しないように注意してください。
  • 電動自転車は下段に収容して下さい。
  • 上段を操作中は把手から手を離さないでください。
  • 3人乗り電動自転車などの大型自転車が連続して収容される場合、出し入れがしづらい場合がございます。
  • 自転車ラックのメンテナンスに関しては、下記リンクをご覧ください。

自転車ラックのメンテナンス

オプション

下段 AR-SF

下段スライドラックを、フラットスライドAR-SFへ変更可能。

この製品の実績

百人町自転車保管場所に、2段式下段スライドラック:クランクSGを導入。
百人町自転車保管場所
戸田市某マンション駐輪場に、2段式下段スライドラック:クランクSGを導入。
戸田市某マンション
横浜市某マンション駐輪場に、2段式下段スライドラック:クランクSGを導入。
横浜市某マンション
内藤町自転車保管場所に、2段式下段スライドラック:クランクSGを導入。
内藤町自転車保管場所
中央区某マンション駐輪場に、2段式下段スライドラック:クランクSGを導入。
中央区某マンション
板橋区某マンション駐輪場に、2段式下段スライドラック:クランクSGを導入。
板橋区某マンション

この製品の課題解決事例

仕様

名称 仕様(上段)
ラック本体 スチール* t4.0
可動レール スチール* t2.3
支柱 スチール* t2.3 □100×100
スチール* t3.2 □100×100
ガススプリング -
アンカーボルト M12×70 溶融亜鉛メッキ
ラックカラー ベージュ
*仕上げ クロメートメッキポリエステル紛体塗装
名称 仕様(下段)
ラック本体 アルミ t3.0 50×64×1400
転倒防止 アルミ 10×14
ベースレール アルミ t2.5
スライドベース アルミ
レール取付金物 ユニクロメッキ t2.3 150×60
ローラー Φ26×8ヶ
キャスター Φ50
アンカーボルト M8×50 シルバービック
ラックカラー 本体ステンカラー(キャップブラック)

よくあるご質問

図面の記載内容と異なる台数にすることは可能でしょうか。
1台単位(2段式ラックは上下1セット単位)で変更可能です。台数計算式を元にご検討下さい。
勾配のついた箇所への設置は可能でしょうか。
設置場所はフラットな土間コンクリートを原則とします。床面の勾配の目安は、間口方向:スライド式0.5%以下、平置・傾斜・2段式1%以下、奥行方向:1%以下です。
推奨通路幅を下回っても大丈夫でしょうか。
推奨通路幅は、通路幅の最小値として設定しています。
天井高が不足する箇所に設置できますか。
通常品は、高低2種類を交互に配置することで収容効率を高めています。天井高が不足する箇所には低いタイプのみ@600で配置する、上段収容自転車に高さ制限を設けるなどの方法がございます。
角度を変更して(ななめに設置)設置は可能ですか。
10°、20°、 30°、 40°で対応可能です。※梁式は角度変更不可。独立式にてご計画下さい。
計算式で出た台数より多く入れたいです。
スライドラックの台数計算式には、スライドスペース(自転車を出し入れする際に必要な余裕)が含まれています。計算式で算出された台数以上を詰め込んだ場合、ラックの使用に支障がでる恐れがあり推奨しておりません。
全ての下段ラックに自転車が収容された状態で上段ラックを下ろすことは可能ですか。
一般的な自転車でしたら満車状態で使用可能です。ただし、チャイルドシート付自転車や大型のカゴ付自転車等の収容が多数見込まれる場合、隣り合う自転車の干渉が強まり充分なスライドスペースを確保できない場合もございます。設計担当が個別に検討致しますのでお問合せ下さい。

その他製品

現地調査、見積依頼、製品について、カタログ請求など、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ / 資料請求