設計事務所の皆様へ

任せて安心スピーディー、駐輪場の設計を無料で代行します。

駐輪場ひとすじ23年納品実績15000件顧客満足度93.6%

私たちは、駐輪場設計の専門家。

「台数収まりませんか?」設計事務所の皆さまからのお問い合わせに、
私たちは無理とは答えません、なんとかして収める方法を考えます。
駐輪場ひとすじ23年、実績は15000件以上。描いた図面の数だけ、知見とノウハウがあります。
また、ただ決まったスペースに希望台数を収めるだけではありません。
無理のない設計で、長く快適に駐輪場が利用されることにこだわっています。駐輪場設計の専門家として、確実に、そしてスピーディーに駐輪場図面をお届けします。

駐輪場の設計を無料で代行。
任せて安心、確実、
スピーディー!

駐輪場は、決まったスペースにただ台数を収めるだけの単純なものではありません。
設置環境(屋内、屋外、屋根の有無)、製品の選定、希望台数、収容される自転車など、様々な要素を考慮して駐輪場を設計する必要があります。
私たちに設計協力を依頼いただければ、安心してそれらの要素を考慮した駐輪場の作図が可能です。
設置後に「使いにくい」とならないためにも、設計協力をぜひご依頼ください。

ビシクレットの駐輪場設計スタイル

なんとかして収めます。コミュニケーション型の提案。

「これは収めるのは難しい。」という依頼も、もちろんあります。
そんな時は、計画や設計条件から見直しを行います。
例えば、壁位置や建築物そのものの位置をずらして駐輪場の範囲を広げたり、天井を削る、ダクトの配置を変えるなど、自転車ラック以外の計画変更をご提案。やむを得ない場合、製品の仕様変更を施主へご相談頂くこともあります。絶対条件はなにか、変更できる条件はなにか、落としどころを探りながら確認と合意形成を重ね、最適な駐輪場図面をご提供します。

収めるだけじゃない、利用者目線の使いやすい駐輪場。

台数重視の駐輪場は、通路幅もラック間隔も狭くなりがちで、利用者は不満がつのります。私たちは、台数を収めることはもちろん、使いやすさにもこだわります。
例えば、ファミリータイプで電動アシスト自転車の多いマンション。駐車場から離れた位置に、電動アシスト自転車や子ども用の白線引きエリアを設け、子供の安全と親の安心、利便性も設計に組み込みます。
設計事務所の皆さまの「台数を収める」というご要望と、利用者の「使いやすさ」を両立させることが私たちの駐輪場設計です。

スピード対応、多忙な設計事務所の皆さまを待たせません。

設計事務所の皆さまはとても多忙。だからこそ私たちはスピード対応にこだわります。
実績に裏付けられたノウハウから、最短で最適な駐輪場を導き出し、お客様のご希望に合わせて設計図面を提出いたします。
駐輪場の設計で少しでもお悩みの方、専門家に任せて時間を確保したい方、お気軽にご相談ください。

設計協力事例

病院に駐輪場システム(駐輪機と精算機)を導入

当初スライドラックや前輪ラックのご相談から始まりましたが、スペースが限られていること、患者様への配慮から使いやすい垂直2段式ラックの導入となりました。度重なる設計変更にも迅速丁寧に対応。設置後は職員と病院利用者は無料、その他一般の方は利用料を1000円とすることで不正駐輪を防止するなど、設計から設置後の管理運用面までお任せ頂いています。

無理やりのレイアウトから利用者目線の駐輪場設計へ

駅直結の公共駐輪場の計画。弊社にご相談頂いた時点では、他メーカーの製品が無理なレイアウトで詰め込まれていました。原設計時の図面は、計画箇所が全て高架下で梁の高さがシビアだったことから、設計担当自ら現地測量を実施。梁下を無駄なく有効活用することで計400台程の希望台数を収め、大型自転車対応エリアも用意しました。利用者目線の使いやすい駐輪場を実現しています。

大型自転車に対応した快適な駐輪場を設計

3階建駐輪場にトータル400台、内100台は大型自転車対応にしたいとのご要望。
役所の打合せに設計担当も同席し、建物本体の計画変更に合わせて駐輪場図面を何度も調整しました。最終的には大型自転車対応のスライドラックと、上段の垂直2段式ラックを組み合わせることで希望台数を確保しています。また、大型専用エリアを1階に優先的に配置することで利用者に配慮しました。オープン後は実際に多くの大型自転車が収容され、快適さが保たれています。

よくあるご質問

設計協力を依頼したい、どうすればよろしいでしょうか?
お問い合わせフォーム、またはinfo@bicyclette.co.jp宛に設計図面(DWG、DXF、JW)をお送りください。また、設置台数、仕様、諸条件なども併せてご指示ください。
設計協力を依頼してから、どれくらいで納品してもらえますか?
納期については弊社担当にお気軽にご相談ください。
案件の混み具合や内容にもよりますが、翌日に納品した実績もあります。
3人乗り電動アシスト自転車の納まりや配置について、どのような点に注意して設計したらよいですか?
3人乗り電動アシスト自転車を収容する場合、ゆとりのある設計が必要です。どのくらい台数を設置するかによって、駐輪場の寸法などが変わってきます。図面を見ながらご相談を承りますので、お気軽にお問合せください。
初めて駐輪場の設計を行います。ポイントや注意点を教えてください。
下記ページに駐輪場を設計をする際のポイントをまとめています。また、設計協力も無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。
https://www.bicyclette.co.jp/product/rack/howto-parkingdesign.shtml
駐輪場の通路幅などの寸法をどのくらい確保すればよろしいでしょうか。
駐輪場の寸法について、下記ページにまとめています。
https://www.bicyclette.co.jp/product/rack/parking-size.shtml

一枚一枚の図面に想いを込めて

私たちの駐輪場づくりは、想いの実現。
単なる空間と製品の掛け合わせではありません。

設計事務所の皆さまに寄り添い、駐輪場を利用する人々を想像し
どうしたら駐輪場がより快適になるか考え抜きます。
私たちが手掛けた15000件以上の駐輪場とその図面一枚一枚に、私たちの想いが込められています。

駐輪場を、自転車のある景色を、自転車のある生活をデザインするのが、私たちの仕事です。
街も人も自転車も、みんなが喜ぶ駐輪場をお届けします。

現地調査、見積依頼、製品について、カタログ請求など、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ / 資料請求

  • トップページ
  • 設計事務所の皆さまへ